2018年03月14日

ホルミックに新パンフレット

太田茂男先生のミトコンドリアの資料を読ませて頂き、カリウム40が生体エネルギーを作っている事が分かった。


解糖系という仕組みがあるがこれは糖質をエネルギーに変換する機能の事で、若い世代ではコッチの方が主流だそうだ。


でも、加齢と共に解糖系のシステムが弱ってくるらしく、そうなるとミトコンドリア内でエネルギーを作るほうが主になる。


なるほど、それで我々中年世代が糖質抜きダイエットを迫られるワケだわ(^^;



摂取した糖質がエネルギーに替わることなく蓄積していく・・・中年太りってそういう事なのね。




そうなると、中年以降の健康管理は、ミトコンドリアを中心に考えるべき!というのがその界隈で力説されている見解。




そうなると、ミトコンドリアでカリウム40が活躍してエネルギーを作っているんだけれども


カリウム40ってのは、元々僕らの体の中にちゃんとあって、体重60kgの人で、4000Bqの放射線物質を持つという事を知っている人は少ないね。



ですので、生まれながらにして、我々生体はミトコンドリアの中にカリウム40という放射線物質を持ち、その恩恵を受けて生きながらえているという事が実は事実として認識するべきことなんですね。



もちろん電離放射線ですので、活性酸素を作り出すわけですが、この活性酸素にさえ立ち向かう機能を有しています。

抗酸化酵素

この抗酸化酵素で活性酸素を撃退していくわけですが、その際に生成されるたんぱくであるP53は言わずと知れた
「がん抑制遺伝子」・・・そう、近藤宗平先生曰くの『神の手』です。


ガソリンを燃焼させてクランクシャフトを回し、ギヤを通じて車輪を動かす車

その際に出る排気ガスは残念ながら空気中にばらまかれますが、生体内で発生する活性酸素は抗酸化酵素によって中和され。

放射線の刺激によって傷ついた細胞は、P53によって修復され、修復不可能な細胞は自爆スイッチを押され、再生を促されます。



このような一連の流れは、ショービジネスのように台本として用意され、一つのシステムとして稼働している・・・という事をご理解いただけると嬉しいです。


ですので、今まで我々が「生命体は進化の中で放射線に慣れ、耐性が出来てきた・・・」のではなく


元々生まれながらに所持している放射線物質を補充していく食品の不足や、太陽線・宇宙線・紫外線などに当たない暮らしや、コンクリート・アスファルトで遮蔽され、自然に浴びていた放射線がグッと足りなくなっていると言えるのです。


そう言えば、今年の冬 インフルエンザA・Bの同時流行で、対策は「日光浴」とニュースが伝えました。

出来れば半袖で一日30分の日光浴がインフルエンザ予防に役立つと言われていました。




無理ですやんね!真冬に半袖で日光浴



でもでも、よく考えれば、僕たちが子どもの頃


「夏によく日焼けしたら冬に風邪をひかない」とそんな風に言われたもんです。


紫外線による皮膚がんへの影響等々は、浴びすぎる事と、もともとの免疫が弱いという理由があるのではないか?

適度な日光浴をインフルエンザ予防に訴えるという事は、そもそも皮膚がんのリスクを避けて、日光浴をしなくなったことが、インフルエンザの流行を助長しているのではないか? 


そんな風にも思えました。




過ぎたるは及ばざるが如し




そんな感じがしてなりません。




高血圧を予防するのに、丸めたタオルを30%程度の力で2分間握るとい方法が紹介されました。



で、この方法は、2分間握ることで腕の血圧を上げる事が目的だそうです。


血圧が上がることで、脳が「血圧を下げよ!」と命令をするそうで、これが高血圧予防につながるとか。




適度な放射線を浴びる事で、生体エネルギーを増強すると同時に、発生させる活性酸素で、抗酸化酵素の生成を促していく。



それは健康を維持する上で、とても大切な事。



当社ホルミックは、自然界で私たちが失った程度の線量を、普段の生活で取り入れるお手伝いが出来る資材であり、


健康維持に役立つことは大阪府立大学名誉教授 清水教永先生の臨床実験により実証されています。





安全な放射線量と危険な量。

体に有益な効果を与える線量とその効果のレベルについては、専門家の研究結果を待つことにはなりますが

近代化する住環境の中で失った程度の自然放射線量を取り戻すだけで、臨床実験結果にあるような驚くような

働きがあります。



慣れたのではなく、元々持ってたのに、自然界での補充が足りなくなっている放射線。



そんな風な切り口で新たに・・・実は初めて(^^;パンフレットを作ってみました。


※パンフは業者様向け資料として、ホルミックお取り扱い企業様に配布させて頂きます。






posted by はたやん at 15:42| 兵庫 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

極力簡単に説明しようとすると・・・

文字で書くと通じる話も


言葉で話すと簡単に聞こえる話も


図と絵でかんたんに理解してもらうためにはかなり困難であると言うことがつくづくわかった。



だ・・・けれども



これが逆に勉強になる。


文章でツラツラと書けばなんとでも説明のつく話も


より簡単に図や絵を併せて、極力文字数を減らして・・・と


とことんダウンサイジングしていく事で頭の中が整理されていく。




結果



なんや、オレ、こんな簡単な事をA4用紙4枚もかけて書いたのかよ!とガッカリしてしまう事もある。







現在作業進行中です。



お客様各位


もう少々お待ちくださいね!




posted by はたやん at 15:23| 兵庫 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

放射線ホルミシスに大きな影響を与えるかも知れない

昨日の打ち合わせで、ボクはそんな予感がしました。


今回、「テロメア」という言葉をKEYに始めた久々の勉強で


放射線ホルミシスの周辺を巻き込んでみたい!そんな風に思い


放射線が体内で引き起こす現象を他の視点で探るという事をしてみたのです。



テロメアの資料、ミトコンドリアの資料、放射線ホルミシス、酸化ストレス、活性酸素、アポトーシス、P53にP21


これが全部紐づけられたら・・・




そんな期待で作業を進めました。


昨日、先生と会って色々意見交換をさせてもらいました。


大筋では問題無い


そんな結論でした。


細々とした検証は出来ていないが・・・・




でも、もしこの説の通り検証結果が出れば


すんごいお金のかかる事だけれど、検証が出来れば



放射線ホルミシスという分野に新しくさわやかな風が吹きそうな・・・



そんな予感がフツフツと。



近々原稿をマンガ化して関係各位にお届けできると思います。



ご期待下さい。



文科省のガイドラインを突破して以来のなかなかの出来でございます。
posted by はたやん at 10:57| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

人体にとって必要なもの・・・って?

そう!体内のカリウム40がなぜカラダに必要なのか?

微量の放射線がなぜカラダに必要不可欠と言われるのか?

カタログ上で、そう語れば済んでしまう事が非常に多いのですが、


どういう理屈でどう必要なのか?


そんな事を追及してやろう!とこの8月・・・久々に勉強しました。



細胞を刺激して・・・


活性化するんですよ!


だから元気に




・・・とバクゼンと説明していた内容に肉付け出来るような・・・



出てきますよ!



ミトコンドリア




テロメア辺りの新語も



NHKのクローズアップ現代でも紹介されましたもんね。



この言葉たちと、微量放射線が実はすごく密接な関連性を持ってた!って言う事が

チラっと分かったんですけどね。



そのチラっとを今裏付けしてもらってるんですけどね。



今日、先生と会ってきます。



吉報になれば良いですけれど、半分だけOKでも放射線ホルミシスのツタナイ説明がかなりパワーアップすることは間違いありません。



得意先の皆様、しばしお待ちを!
posted by はたやん at 11:07| 兵庫 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

ソマチッド

元々、微量放射線のホルミシス効果自体が、がん治療の中の民間療法であり、代替療法であるからこそ、やってる間にいろんな治療法との出会いがあった。



初耳な事。

聞いたことはあるけど本当かどうかは判断できない事。

精神的な話。

スピリチュアルな話。

氣の話。

波動の話。




今回、知り合いの方からホルミシスの件でお電話を頂いた時に、その方が発した言葉。


「ソマチッド」


これで、ホルミシスが腑に落ちるよ!


と。


なんとなく原理はわかるが、最後の最後でパーツが抜けてるようなところがあったホルミシス効果。



DNAのその前・・・ミッシングリンクって言うそうです・・・生物の深海における仮想存在の生物




「ソマチッド」


超微小生命体だそうです。



電磁波・周波数に反応するそうです。




肯定的なココロをエサにするそうです。


だから、「ありがとう」だったり「感謝」だったり、そういうことがスゴク大切なんだそうです。


ただ、そういう礼儀を正しくすることが大事ではなく、その言葉を発する肯定的な自分自身の精神が、ソマチッドを活性化させるそうです。


そうすることで、免疫力が向上し、病気が改善され、健康になると・・・



まだまだ読みかけの本がたくさんあって、真髄を知るまではたどり着けていませんが


なんとなく


ホルミシスの細胞活性化  が



ストンと腑に落ちたような



そんな気がします。

posted by はたやん at 13:40| 兵庫 ☀ | TrackBack(0) | 放射線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

動画をアップしました「友の死」


私が経営する会社で




同級生の彼が働き始めて10




彼は、独身で少し足の不自由な母と暮らしていました





そんな彼が・・・




ある日突然







この世を去った







心停止による突然死だった



突然の息子の死に、お母さんは震える手で



「必要な方に連絡をお願いします」と彼の携帯電話を私に託した





共通の知人や、彼の友達と思しき名前に、



とにかく見覚えのある名前に、片っ端から電話をかけた



ある程度連絡が終わった時



メールを確認することにした



彼の携帯電話は送受信ランキングを表示する



少し古いタイプの携帯電話だった





送受信件数第2位 300通というランキングを見ながら




1位の送信相手が女性である事を知る













誰なのか?












仲間に確認しても知る者はいなかった。



独身の彼なので、彼女が居たのかも知れないが



その存在を知る者は居なかった。





メールを遡ればきっと



二人の関係はわかるのかも知れない




でも、もし




将来を約束した関係だったら



どう伝えたら良いのだろう?



彼のお母さんに聞いてみたが



聞き覚えのない名前だと言うことに少し安心して



彼女への連絡をしないまま 葬儀は終わっていった




こうして彼を無事に送ることは出来たが




もしかしたら、彼が一番伝えたかった相手に、




私たちは何も伝えることが出来なかったのではないか?







人生の最期を伝えたい人



想いを届けたい相手




それは本人にしかわからない




後にのこる者にはわからないこと





一番伝えるべきだった




いつかどこからか、彼の死を知ることになる彼女




送受信件数第1



ランキングに表示された6000通を超えるメール



それだけのメールを交わした彼女に






あの日




たった一通のメールが届かないでいたことが



残念でならない






人生の最期に



伝えたいあの人に




伝えたい想いを




言伝屋  https://kotozuteya.com







・・・・・・二年後




三回忌の法要で、彼のお母さんに久しぶりに会った。






“実はね・・・”



“初七日が終わった頃、女の人から電話があったのよ”



“息子が居るか?と尋ねたきたわ”



“一週間前に亡くなったと伝えたの”



“すると何も話さなくなって、泣き出したのよ”




“私も息子をなくしてすぐのことだったから、一緒に泣いちゃってね

電話はいつの間にか切れてしまっていたから、お名前もきけなくて。”




“誰だったんだろうね?彼女居たのかな?あの子”








私にはどうしても言えなかったことがある



メールを確認している時にふとした拍子に見えてしまったタイトル







(*^-^*)次は私たちだね







実家で母の面倒を見ていた彼にとって、踏み出せなかった結婚への一歩





そのスタートラインで起こった悲劇だった。









人生の最期に




伝えたい想いを




もしもの時に



伝えるべき手段を








言伝屋のアイデアを友達に話した時、彼は、友の死についてボクに話してくれた。



『言伝屋』(ことづてや)で検索

https://kotozuteya.com

posted by はたやん at 21:32| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言伝屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

ピンチはチャンスを経験中

ピンチはチャンスを経験中。


あか〜ん!と思った時に出てくるアイデアは、即効性があり、効果的。



ゆったりとした時間に考えて出てくるアイデアとは少し違うな。


ピンチの時こそ、研ぎ澄まされてくる。




posted by はたやん at 23:27| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

来週火曜日 日経新聞の取材を受けます

10月に掲載されるつもりで、動いていましたが、掲載紙面で何等かの特集に絡める方が・・・との事でした。


昨年末にプロモーション会社の社長が売り込んで下さって、それがようやく取材まで来た感じです。


全国紙デビュー(#^^#)




posted by はたやん at 11:09| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 宣伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

メディア露出

新規事業「言伝屋」の広報活動で、たまたまAmazonで見つけた本に助けられて


この書籍のまんまやってみよう!と決めて。


でも時間がなかったのでちょっとアレンジしてやってみたんです。


そうしたら、地元 神戸新聞に掲載いただき、その後、ラジオ関西さんに呼んでいただきました。


ラジオ関西さんから一週間後に、毎日放送「ちちんぷいぷい」さんから取材依頼が来ました。


ウソみたいな話です。


出来すぎた感山盛りな話です。



でも、先日の15日。



毎日放送の西靖アナウンサーとディレクターさん、カメラさん、2人の助手さんが取材にこられました。


奇跡みたいな話です。





ドクターX最終回の予告編で内田有紀が「奇跡って神様が起こすんじゃなくて、人が起こすんだね」たぶんそんな感じ。


その言葉が胸に刺さります。


放送は12月19日月曜日 16時頃から。


毎日放送 ちちんぷいぷい です。
posted by はたやん at 20:35| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

言伝屋 The Last Love Letter

こんなサービス始めます。



https://kotozuteya.com


言伝屋と言うサービスです。



需要は・・・まだ見えてないかも知れません。でも、いつか求められるサービスと信じて。



先に逝く立場のものは

財産は遺言書で。

言葉は言伝屋で。

ま、遺言書にも家族へのメッセージを書いておけるんやけどね。
あれは書き換えが大変なんで。

それに、まだボクら40代~50代は遺言って意識もないですもんね。

お友達等にご紹介頂ければ幸いです。





※明日に紅顔、夕べに白骨。。。良い言葉を教えて頂きました。




posted by はたやん at 09:49| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。