2011年03月31日

計画停電




経済は東京を中心に、確かに回っているのでしょうが、その経済の基礎となる生産物は、東京23区以外で作られていることのほうが多く、それらの生産物を売り買いすることで経済が成り立つのであれば、被災地で、生産可能な工場をフル稼働させることが先決やと思うんです。

計画停電で3時間停電すると、3時間の作業が止まるわけではない。

復活した直後から操業できるわけではなく、紙にしろ、ポリエステルにしろ、鉄にしろ、丸1日を棒に振ることになる製造工場は山のようにある。

だから、週に1回、朝から晩まで停電するほうがマシだと、被災地の方からよく聞く。

また、無事だった西日本で経済を回してくれ!と言われるが、西日本から東北の工場に資材を供給している場合、工場が稼働しない限り、商売はない。

さらに、部品工場が東北にある場合、その部品が無ければ仕事にならない企業は西日本にもたくさんある。



東京23区の停電がどうのこうの言う気はないが、被災地で動かせる工場はフル稼働させてほしい。
でないと、西日本も大打撃をくらってしまう。



posted by はたやん at 09:54| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 計画停電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。