2018年03月14日

ホルミックに新パンフレット

太田茂男先生のミトコンドリアの資料を読ませて頂き、カリウム40が生体エネルギーを作っている事が分かった。


解糖系という仕組みがあるがこれは糖質をエネルギーに変換する機能の事で、若い世代ではコッチの方が主流だそうだ。


でも、加齢と共に解糖系のシステムが弱ってくるらしく、そうなるとミトコンドリア内でエネルギーを作るほうが主になる。


なるほど、それで我々中年世代が糖質抜きダイエットを迫られるワケだわ(^^;



摂取した糖質がエネルギーに替わることなく蓄積していく・・・中年太りってそういう事なのね。




そうなると、中年以降の健康管理は、ミトコンドリアを中心に考えるべき!というのがその界隈で力説されている見解。




そうなると、ミトコンドリアでカリウム40が活躍してエネルギーを作っているんだけれども


カリウム40ってのは、元々僕らの体の中にちゃんとあって、体重60kgの人で、4000Bqの放射線物質を持つという事を知っている人は少ないね。



ですので、生まれながらにして、我々生体はミトコンドリアの中にカリウム40という放射線物質を持ち、その恩恵を受けて生きながらえているという事が実は事実として認識するべきことなんですね。



もちろん電離放射線ですので、活性酸素を作り出すわけですが、この活性酸素にさえ立ち向かう機能を有しています。

抗酸化酵素

この抗酸化酵素で活性酸素を撃退していくわけですが、その際に生成されるたんぱくであるP53は言わずと知れた
「がん抑制遺伝子」・・・そう、近藤宗平先生曰くの『神の手』です。


ガソリンを燃焼させてクランクシャフトを回し、ギヤを通じて車輪を動かす車

その際に出る排気ガスは残念ながら空気中にばらまかれますが、生体内で発生する活性酸素は抗酸化酵素によって中和され。

放射線の刺激によって傷ついた細胞は、P53によって修復され、修復不可能な細胞は自爆スイッチを押され、再生を促されます。



このような一連の流れは、ショービジネスのように台本として用意され、一つのシステムとして稼働している・・・という事をご理解いただけると嬉しいです。


ですので、今まで我々が「生命体は進化の中で放射線に慣れ、耐性が出来てきた・・・」のではなく


元々生まれながらに所持している放射線物質を補充していく食品の不足や、太陽線・宇宙線・紫外線などに当たない暮らしや、コンクリート・アスファルトで遮蔽され、自然に浴びていた放射線がグッと足りなくなっていると言えるのです。


そう言えば、今年の冬 インフルエンザA・Bの同時流行で、対策は「日光浴」とニュースが伝えました。

出来れば半袖で一日30分の日光浴がインフルエンザ予防に役立つと言われていました。




無理ですやんね!真冬に半袖で日光浴



でもでも、よく考えれば、僕たちが子どもの頃


「夏によく日焼けしたら冬に風邪をひかない」とそんな風に言われたもんです。


紫外線による皮膚がんへの影響等々は、浴びすぎる事と、もともとの免疫が弱いという理由があるのではないか?

適度な日光浴をインフルエンザ予防に訴えるという事は、そもそも皮膚がんのリスクを避けて、日光浴をしなくなったことが、インフルエンザの流行を助長しているのではないか? 


そんな風にも思えました。




過ぎたるは及ばざるが如し




そんな感じがしてなりません。




高血圧を予防するのに、丸めたタオルを30%程度の力で2分間握るとい方法が紹介されました。



で、この方法は、2分間握ることで腕の血圧を上げる事が目的だそうです。


血圧が上がることで、脳が「血圧を下げよ!」と命令をするそうで、これが高血圧予防につながるとか。




適度な放射線を浴びる事で、生体エネルギーを増強すると同時に、発生させる活性酸素で、抗酸化酵素の生成を促していく。



それは健康を維持する上で、とても大切な事。



当社ホルミックは、自然界で私たちが失った程度の線量を、普段の生活で取り入れるお手伝いが出来る資材であり、


健康維持に役立つことは大阪府立大学名誉教授 清水教永先生の臨床実験により実証されています。





安全な放射線量と危険な量。

体に有益な効果を与える線量とその効果のレベルについては、専門家の研究結果を待つことにはなりますが

近代化する住環境の中で失った程度の自然放射線量を取り戻すだけで、臨床実験結果にあるような驚くような

働きがあります。



慣れたのではなく、元々持ってたのに、自然界での補充が足りなくなっている放射線。



そんな風な切り口で新たに・・・実は初めて(^^;パンフレットを作ってみました。


※パンフは業者様向け資料として、ホルミックお取り扱い企業様に配布させて頂きます。






posted by はたやん at 15:42| 兵庫 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

極力簡単に説明しようとすると・・・

文字で書くと通じる話も


言葉で話すと簡単に聞こえる話も


図と絵でかんたんに理解してもらうためにはかなり困難であると言うことがつくづくわかった。



だ・・・けれども



これが逆に勉強になる。


文章でツラツラと書けばなんとでも説明のつく話も


より簡単に図や絵を併せて、極力文字数を減らして・・・と


とことんダウンサイジングしていく事で頭の中が整理されていく。




結果



なんや、オレ、こんな簡単な事をA4用紙4枚もかけて書いたのかよ!とガッカリしてしまう事もある。







現在作業進行中です。



お客様各位


もう少々お待ちくださいね!




posted by はたやん at 15:23| 兵庫 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

放射線ホルミシスに大きな影響を与えるかも知れない

昨日の打ち合わせで、ボクはそんな予感がしました。


今回、「テロメア」という言葉をKEYに始めた久々の勉強で


放射線ホルミシスの周辺を巻き込んでみたい!そんな風に思い


放射線が体内で引き起こす現象を他の視点で探るという事をしてみたのです。



テロメアの資料、ミトコンドリアの資料、放射線ホルミシス、酸化ストレス、活性酸素、アポトーシス、P53にP21


これが全部紐づけられたら・・・




そんな期待で作業を進めました。


昨日、先生と会って色々意見交換をさせてもらいました。


大筋では問題無い


そんな結論でした。


細々とした検証は出来ていないが・・・・




でも、もしこの説の通り検証結果が出れば


すんごいお金のかかる事だけれど、検証が出来れば



放射線ホルミシスという分野に新しくさわやかな風が吹きそうな・・・



そんな予感がフツフツと。



近々原稿をマンガ化して関係各位にお届けできると思います。



ご期待下さい。



文科省のガイドラインを突破して以来のなかなかの出来でございます。
posted by はたやん at 10:57| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

人体にとって必要なもの・・・って?

そう!体内のカリウム40がなぜカラダに必要なのか?

微量の放射線がなぜカラダに必要不可欠と言われるのか?

カタログ上で、そう語れば済んでしまう事が非常に多いのですが、


どういう理屈でどう必要なのか?


そんな事を追及してやろう!とこの8月・・・久々に勉強しました。



細胞を刺激して・・・


活性化するんですよ!


だから元気に




・・・とバクゼンと説明していた内容に肉付け出来るような・・・



出てきますよ!



ミトコンドリア




テロメア辺りの新語も



NHKのクローズアップ現代でも紹介されましたもんね。



この言葉たちと、微量放射線が実はすごく密接な関連性を持ってた!って言う事が

チラっと分かったんですけどね。



そのチラっとを今裏付けしてもらってるんですけどね。



今日、先生と会ってきます。



吉報になれば良いですけれど、半分だけOKでも放射線ホルミシスのツタナイ説明がかなりパワーアップすることは間違いありません。



得意先の皆様、しばしお待ちを!
posted by はたやん at 11:07| 兵庫 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

ピンチはチャンスを経験中

ピンチはチャンスを経験中。


あか〜ん!と思った時に出てくるアイデアは、即効性があり、効果的。



ゆったりとした時間に考えて出てくるアイデアとは少し違うな。


ピンチの時こそ、研ぎ澄まされてくる。




posted by はたやん at 23:27| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

メディア露出

新規事業「言伝屋」の広報活動で、たまたまAmazonで見つけた本に助けられて


この書籍のまんまやってみよう!と決めて。


でも時間がなかったのでちょっとアレンジしてやってみたんです。


そうしたら、地元 神戸新聞に掲載いただき、その後、ラジオ関西さんに呼んでいただきました。


ラジオ関西さんから一週間後に、毎日放送「ちちんぷいぷい」さんから取材依頼が来ました。


ウソみたいな話です。


出来すぎた感山盛りな話です。



でも、先日の15日。



毎日放送の西靖アナウンサーとディレクターさん、カメラさん、2人の助手さんが取材にこられました。


奇跡みたいな話です。





ドクターX最終回の予告編で内田有紀が「奇跡って神様が起こすんじゃなくて、人が起こすんだね」たぶんそんな感じ。


その言葉が胸に刺さります。


放送は12月19日月曜日 16時頃から。


毎日放送 ちちんぷいぷい です。
posted by はたやん at 20:35| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

言伝屋 The Last Love Letter

こんなサービス始めます。



https://kotozuteya.com


言伝屋と言うサービスです。



需要は・・・まだ見えてないかも知れません。でも、いつか求められるサービスと信じて。



先に逝く立場のものは

財産は遺言書で。

言葉は言伝屋で。

ま、遺言書にも家族へのメッセージを書いておけるんやけどね。
あれは書き換えが大変なんで。

それに、まだボクら40代~50代は遺言って意識もないですもんね。

お友達等にご紹介頂ければ幸いです。





※明日に紅顔、夕べに白骨。。。良い言葉を教えて頂きました。




posted by はたやん at 09:49| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

放射線ホルミシスで健康長寿

いつもお世話になっている、大阪大学名誉教授 中村仁信先生と大阪府立大学名誉教授 清水教永先生と、免疫学で有名な安保徹先生3名の共著が出来上がったということで送って頂きました。




イラストも入り、比較的読みやすくなっております。

是非是非!
posted by はたやん at 14:48| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

新しいコトの日程変更について

いないでしょうけど、もし! 9月22日に新聞を読み漁ってくださる方が居ると申し訳ございませんので
お知らせします。


リリース 10月3日に変更となりました。理由としては祝日の新聞購読率の心配からです。


30代〜50代の働く男性、子育て世代の男性に向けたサービスですので(もちろん女性にも需要はありますが・・・)、仕事の日に新聞に掲載されるように手配してくれました。


予定通りいけば・・・


10月3日 ご期待下さい。



とは言え、一番期待してるのは・・・もちろんボクです(^-^;
posted by はたやん at 17:39| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

あたしい「コト」が始まります〜2〜

9月20日のオープン予定で新規事業の告知サイトがお目見えします。

新聞紙上では9月22日にリリースとなります。

構想3年のこの事業


アイデアは降りてくる・・・的にボクの頭に舞い降りた感のある「コト」


そこから3年。


ビジネスモデル特許、兵庫県の経営革新 ビジネスの信頼性を上げるためのアレやコレやを画策して・・・・




社名を聞けばだれもが知ってる大企業グループのチラカを借りて。



11月初旬に本稼働を予定しています。



ブログや、Facebookやなんやで、もう言いたくて言いたくて仕方がないけれど


プロモーションも専門の会社にお願いしているので、下手なことはやめとこうと思っています。




ですので、直前が直後まで公表しませんが。




そのうち、皆様の目に留まるはず。



目に留まれば、ご賛同いただける方が結構いらっしゃるはず。



そんな風に信じて突き進むだけです。
posted by はたやん at 10:25| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

7ヶ月ぶりの新規投稿です。あたらしい『コト』始めます。

7ヶ月ぶりの新規投稿です。


この7ヶ月・・・新しい『コト』を始める準備をしておりました。


9月20日 その新しい『コト』の告知サイトがオープンします。



いままでみたいに、出たとこホイではありません。
入念な準備をしてきました。



着想から言うとザックリ3年です。



ココに書くと、すっごく長くなります。経営革新とかビジネスモデル特許とか・・・


タイミングが来れば、また。




まずは9月20日の告知サイトオープンに向けて!
posted by はたやん at 16:57| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

放射線への批判的記事も多いですが・・・

命奪うのは放射線ではない!10万人検査の医師が報告した真のリスクとは…


興味深い内容です。

日本人は特に放射線に対する教育を受けてこなかった。

便宜上受けさせるわけにはいかなかったのかどうかは、今となってはわかりませんが

ほどほどの知識と、マスコミの過剰反応。

反原発派擁護の学者先生の言葉を流すほうがウケが良い状態を作り出した。


本当にどれぐらい以上の放射線をどれぐらいの期間で浴びると、カラダに悪影響を及ぼし始めるという閾値がいまだ解明されていない中、一番目の殺処分に反抗した山本さん家の牛が累積2000mSvを浴びても健康被害がない現実は、今後の放射線の影響を正しく理解していく学問の中で大きな役割を果たしていると思える。


posted by はたやん at 14:22| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

70Gy

70Gy


この数値、ナナジュウグレイと読みますよね?


Gyって言うと、ほぼほぼSvとイコールなので、70Sv!


ミリシーベルトに直すと、70,000mSv。


身近な単位、マイクロシーベルトに直すと、70,000,000μSv だな。




なんの単位かって言うと、じゃがいもの発芽抑制のために照射するコバルトから発せられる放射線量のこと。



これだけの超高線量を照射すれば成長が止められる?




ま、ヒトにはダメな話ですが、これでもWHOとかいろんな機関が安全性を保証してたんですね。


よくよく調べてないのもワルイですが・・・反省です。



安全性を保証ってことは、照射された放射線が残留しないということの証明なんですけどね。


それでも、放射線は体内に残留する残留するって言う人いますよね。



それは放射性物質の事。



言葉の違いで大違いな話ですが、それほどまでにボクらは放射線教育をきちんと受けてないという・・・証明です。
posted by はたやん at 09:39| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

日本放射線ホルミシス協会の次の講演会は ホルミシス協会 次の講演会は!

ホルミシス協会


次の講演会は!


京都府立医科大学にて3月6日日曜日に開催決定しました。


この講演会では、ちょっと方針を変えまして、シンポジウム形式で実施を予定しています。


専門家の先生方に壇上に集結していただき、司会者が進行していきます。


お聞きになりたい質問等は、事前にホームページ等で募集いたします。



聞きたかったこと、なかなか聞けないことが、ようやく聞ける機会が出来そうです。


お楽しみに!
posted by はたやん at 17:26| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

“放射能が消える”特殊な電解水


があるそうです。


これで放射能を抑えることが可能なら、除染もラクですね。


そうそう、放射線物質に何かをプラスすれば、安定要素に変化し、放射性物質ではなくなる・・・とは

ボクも思ってたんですけど、そういうことなんかな?


難しいことはわからんけど、世の中のためになるなら、素晴らしい研究と実証ですね。
posted by はたやん at 17:01| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

真ん中をまっすぐ!

数年前、我が人生の師匠「長渕剛」が『JAPANライブ』の中で放った言葉。

「右でも左でもない、まっすぐいくだけじゃい」





安保法制、原発問題。


両極端な意見が対立しておりますが、これも真ん中をまっすぐ突き刺す意見があれば。


そんな風に思うんです。


一日100億円の燃料代のかかる火力発電・・・しかもほとんどの施設が老朽化してる事実。
年間3兆円の石油を使って、発電する現状。


原発の発電コストと比べると高額になるとかって聞く。

太陽光発電にしても、耐用年数を過ぎて廃棄対象となった太陽光パネルの処分ってどうするんやろ?

宇宙エレベータが出来たとして、宇宙空間に「放射性廃棄物」を投棄する?って話は実はどうなんやろ?

原発がミサイルで狙われたらどうする?って質問もどうなん? 国防機密でしょ?って話。



推進派・反対派、それぞれの主張はあるが、どこかで折り合いをつけなければ。


ど真ん中でなくてもいいから、左右のバランスの取れる支点を探して、まっすぐ行けるような。


そんな声をあげてくれる人が・・・もうボチボチ出てこんとまずいよな。
posted by はたやん at 09:49| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月30日

原発の正しい「やめさせ方」

原発代替エネルギー源が乏しい現状を踏まえて、この方の書籍に書かれている内容は、非常にバランスの良い考え方だと思いました。

両極端な言動が目立ち、感情論はマスコミが面白がって扱って、書籍やブログでも注目されてたりしますが、その中間に位置する考え方でマジでちゃんと行動しないと、日本の将来は果てしなく・・・暗いで。

そんな政治家いや、日本の指導者はおらんのか?

ボクは、原発賛成でも反対でもない。

どちらかといえば賛成派であって、推進派ではない。

それはこの原発から新しいエネルギーに変わろうとする時代の中で、もうしばらく仕方なく使うしかなくて、その間に、既得権益とか一切無視した新エネルギー開発が必要やと思うねん。

でないと、動きすら取れなくなる。

興味深い納得の文章があった。

「NRC(アメリカ合衆国原子力規制委員会)と原子力事業者、そして周囲を取り囲む様々な関係団体が、いかに原子力発電を安全で経済的で国民の気持ちに沿ったものに出来るかを徹底して協議した結果が、今日のアメリカの原発稼働率、しかも格段に安定、進化した背景だと断定したのです。そして日本については、まだアメリカより15年、制度的には遅れているのではとした上で、日本は技術的にはトップクラス、あとは方法論と運用ですよと励ましてくれたのです。」

徹底した協議と運用ですよ。

ほんま。

それをしていれば、山本太郎議員の質問にも的確に答えることが出来るんでしょうね、政府の皆さん。
posted by はたやん at 11:27| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月03日

日本放射線ホルミシス協会

日本放射線ホルミシス協会の認定マーク制度が確定しました。

1.健康維持目的商品
2.初期疾患治療用商品
3.重度疾患治療用商品


上記の3種類になりました。

上から順に、シルバー、ゴールド、プレミアムゴールドの下げ札を当会賛助会員にご提供可能です。

商品の臨床試験データをもとに、当会理事会にて審査を行います。



が、弊社ホルミックシートが、1のシルバーマークを取得しておりますので、
ホルミックシートをご使用頂いた商品であれば、仕様登録、サンプル提出で下げ札をご使用いただけます。

一応、コマーシャルです(⌒-⌒; )



1の健康維持商品を広く一般消費者に広めていただき、会費及び認定マーク収益等々を、実際の医療現場の治療試験に役立て、最終的には、放射線に関する法律の一部緩和を目指し、政治家の方々の絶大な協力を頂きながら活動をして参る所存でございます。


ホルミシス商品をお取り扱いの企業様には、ぜひご検討をいただけますようお願い申し上げます。
posted by はたやん at 23:06| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月24日

日本放射線ホルミシス協会 賛助会員募集について

日本放射線ホルミシス協会の賛助会員募集について近いうちに業界紙にニュースリリースをお願いする予定ですが。


賛助会員は、認定マークの付与が受けれます。
これは、賛助会員が企画制作した製品を協会の審査を通して、認定していくというシステムです。

ただ、一から作って、臨床試験をして・・・というのは、非常に時間もかかりますので、弊社のホルミックシートを
資材としての認定商品に登録して頂きました。


ということで、弊社ホルミックシートを使用した製品については、最終の商品規格・仕様登録で、認定マークを使える仕組みを
理事会で承認いただきました。


話が早いでしょ?


協会の認定マークには、今の予定では3種類用意します。


1.シルバー  健康維持目的の商品:ホルミックシート
2.ゴールド  初期疾患患者への治療を目的とする
3.プレミアムゴールド重症患者への治療を目的とする


2、3については、当協会理事が、実際の治療の現場で臨床をしながら、線量等の基準を決めていくことになります。
ただし、治療目的ですので、医師の処方が必須です。


そんな感じで、草の根的に健康維持商品を広めていって、協会の認知度を上げ、国会に働きかけ、原子力規正法内の民間使用レベル、治療使用レベルのミニ規制改革を目標に動いていくことになります。


賛助会員の皆様には、協会マークをご利用いただき、全国に広めて頂く役割を担って頂ければ幸いかと。


詳しくは、後日。
posted by はたやん at 09:44| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月19日

健康長寿という言葉をよく聞きます。

最近、健康長寿という言葉をよく聞きます。

医学の世界では、細胞を20歳若返させる薬を発明したとか。


それは80歳の人が60歳の細胞年齢になるということですよね?


少子化はどんどん進んでいて、こうやって長寿への技術進歩が進んでいる。


この国はどうなるんでしょうか?


年金不安、定年制度で、寿命が延びるとどうなるんでしょうか?

世の中を支える子供が減っていってるんですよね?


金持ちは健康で長生きして、貧乏人は・・・そんな隠れた思惑が見えてきます。



働く場所、年金要らずのある程度の所得。
元気な限り働ける場所が提供されているような。

そういう社会が必要になるんでしょうね。


難しいことはよくわかりませんが、健康長寿を推し進めたあとに、

どんな世界が待っているのか、若干不安な気持ちになりましたので。
posted by はたやん at 23:42| 兵庫 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。